介護

祖父母、コロナワクチン接種へ。2人の副反応と感想とは?

こんにちは、ホクぼです(^^)/

今日は、先日第1回目の接種を終えました『コロナワクチン』について、その体験談を織り交ぜつつお話していこうと思います。

ちょっと長めになりそうな予感、、笑
よければ最後までお付き合いください。

 

コロナワクチンの予約

高齢者の接種が始まりだした頃、しばらくして祖父母にも通知書が届きました。

「かかりつけがある場合はそちらで」と記載があり、祖父母がお世話になっている病院はあるんですが、そこではできないようなことをチラッと聞いたので、、

まずは、どこで受けられるかです。接種するにしても2人いるので同時にしてもらわないと困る。

けど、あまり遠いところだと二人連れていくのがしんどい。

「日曜日は父もいるし安心だな」と考えていました。

じいちゃんは車椅子なので私1人だと何かと大変で、外に出る時はなるべく人手が欲しいところ。

そこから、早くしなきゃと頭では思いつつ、通知書が届いてから中々準備ができていませんでした。笑

(事前準備好きとかいいつつ、こういうのは後回しにしがち、、笑)

病院は色々通っており、内科、整形、皮膚科など、それぞれ曜日が違ったり祖父母の両方なので×2なんですよね。

眼科と耳鼻科にも連れて行きたい。ただ病院嫌いのばあちゃんが「まだええ」と頑なに拒否るので、今は様子見です、、

できれば同じ先生、同じ曜日にしたいけど、じいちゃんは治療している病気がいくつかあって、担当が細かく分かれてるから中々うまくいかないんだよな、、

そして、私も病院に行ったりするので
(人間ドックで引っかかった~笑)
同じ日の午前と午後で病院に行くこともあります。やんなっちゃうよね、、

 

祖父母が内科を受診した次の日に、同じ病院で私が診てもらうって時があって、たまたま、本当にたまたま、会計を待っていた時に「コロナワクチン予約」というのが目に入ってきたんです。

「え?ここでできるんじゃん!」と話を聞いてみると、この病院がかかりつけの場合のみ受付可能とのこと。
早速予約しようと思ったら、先生の診断が必要みたいで、、
(今思えば当たり前だよな、、笑)

「昨日、内科受診したんですけど、それでもだめですか~?」とやんわり聞いてみた。

「コロナワクチンを打ってもいいかどうかの診察が必要で、今日受付開始なんで、昨日の診察はダメですね」

私は苦し紛れに、「本人いないとだめですよね?」と聞いてみたが、

「そうですね」「ですよね~、、、」

「ちぇーーー」(えっ、うざ、、笑)

 

受付の方はとても丁寧に教えてくれましたし、何ら間違っておりません。知らなった私が悪いだけです、、笑

ワクチン予約の為の診察を次の日に取り、ばあちゃん達は1日空いて、私は3日連続で病院に行くという、、笑

先生の診察は「大丈夫ですよ」ってほんの5秒ほどで終わった、、
そんなもんよね、、ね、、

また、「なんで行かないかん」だの、「病院いややわ」ってごねだすので、もう納得させるのにも一苦労。

予約の為の診察なんて言っても理解できないし、「昨日行ったやないか」と、ごもっともですよ。

たった5秒の為に、文句どれだけ言われただろうか、、笑

何を言っても、本人いての診察が必須なわけですから、致し方ない。
無事予約も取れ、2人一緒に受けられるのだから、まあよかった。

 

ばあちゃんは注射嫌い

困ったことに、ばあちゃんは大の注射嫌いなんです。病院も嫌い、注射もいや、本当に連れていくの大変なんですよね。

ニュースでワクチン接種してる人の映像見るだけで目ウルウルだし、相当怖いみたいで喧嘩をした時には、

「注射、絶対行かへんでな」

「死んでも行かへん」

「コロナなったら、死んだらええねん」

と、かなりネガティブな発言が目立ちました。(認知症の影響もあったかな)

ばあちゃんは骨がかなり弱く、骨折したら今の状態だと治りが遅いらしい。

本当は注射をして治していく方法があると言われているけれど、こんだけ注射嫌いというのを知っているから、とてもやろうとは言えない。

治ることはないけど、現状維持で骨折させないように気を付けるしかないんですよね。

コロナでいうと副反応のニュースもやってますし、家族としても心配ではありますが、なんとしても接種してもらわなくてはなりませんのでね、説得を頑張りましたよ。

じいちゃんに関しては、注射もよくやってますし、コロナ自体あんまり理解できていないので本人については大丈夫だと思ってます。

それより基礎疾患があるので、コロナにかからないかどうかの心配の方が大きかったですね。

リハビリでもらってきても怖いですけど、だからと言って家でずっと見ているのは、それはそれでしんどい。

父や妹がコロナをもらってくる場合もありますし、感染対策をしっかりしていてもかかる方はいる。

どこにいてもかかる恐れがあるんですから、リハビリには本当に助かってます。

とにかく早くワクチン接種をしてほしかったですね。

後、接種後の待機時間が心配でした。会話は控えるようにと記載がありましたし、待つことに対して我慢ができるかどうか、理解できない分文句言い出しそうだなという不安はありました。

 

コロナワクチン接種当日

そして、接種当日。妹①には休みを取ってもらって4人で行ってきました。

もうちょっとグダグダ言ってくるかと思いきや腹をくくったようで、食欲もあったしぐずりもしなかったな。でも、ちょっと不安で眠れなかったみたい、、

何があるかわからないので、ちょっと余裕をもって30分前には病院についてしまいました。

もちろん車で待つつもりであったけど、初めてなので何分前に入ったらいいか受付の方に聞いてみたら、

「手続きもあるので入ってもいいですよ」と言ってもらえました。

正直、昼過ぎで気温もかなり上昇中だったので、「ありがてー」と心の底から感謝しましたね。

もう一つ不安だったのが、「付き添いの方は車などで待機してください」という注意書きがあったので大丈夫かなと思ったら、1人はいてもいいとのこと。

「ただ椅子がないから申し訳ないです」と言われたけれど、そんなの全然大丈夫ですよ~てね。

しかも、妹①も病院内で待機させてもらえて、本当によかった。

次々と、高齢者の方々が並びだし、先頭のじいちゃんとばあちゃんは静かに待ってくれていました。じいちゃんは軽くうとうとするくらい余裕かましてましたが、ばあちゃんが心配でね。

顔はこわばってるし緊張してるのがすごく伝わってきて、

「大丈夫?」って聞いたら、「大丈夫」

けど腕つかんで脈測ってみたら、めちゃくちゃ高速どくどく、、笑

「早いか?」ってばあちゃんバレちゃったみたいな顔して笑ってました。これで少し緊張がほぐれたんじゃないかな。

 

暫く待っていたら、いよいよじいちゃんから開始。まず先生に問診票を見せて、流れと副作用について詳しく説明がありました。

「副作用について心配だと皆さんおっしゃいますが、やはり、腕が痛くなったり、熱が出たりする方が多いですね」

「何か症状があればすぐに連絡してください」

その話を聞いたらさっきまで大丈夫だった私まで緊張してきて、先生がまた優しいからなんか泣けてきちゃって、、笑

涙こそこぼれなかったが、全くばあちゃん笑えんやないかって感じ。笑

じいちゃんは看護師さんに連れられ、注射を打つ準備。次ばあちゃんで、気付いたら先生のところに座ってるし、どっちも気になるからおどおどしちゃって、、

見かねた看護師さんが「こっち診てるのでいいですよ」と言ってくれて、ばあちゃんに付き添うことに。

同じように先生の説明があり聞いていると、「注射痛いですか?」ってばあちゃん聞いていた、、笑

「普通の注射より少し痛いと感じる方もいるけど、大丈夫ですよ」と言われ安心したみたい。

いよいよ注射の瞬間、「泣いたら恥ずかしいてやな」と言っていたが、泣くことはなかったです。笑

15分待機する場所まで行って、そしたら親切に私の椅子まで用意してくれていて、申し訳ないと思いつつ、しっかり座らせてもらいました。笑

終わったばあちゃんは、

「大したことなかったわ」

え?嘘でしょ?笑

「全然痛なかったし、なんとともないわ、テレビで見とったら痛そうやったけどな、大したことないで」

人が変わったかのように堂々とおっしゃっておりました。笑

じいちゃんは相変わらずうとうとして、文句も言わずおとなしく15分しっかり待機してくれました。

家に着いたら、注射したことも忘れてましたけどね、、笑

 

接種後の副反応

今日で接種してから3日経ちますが、大きな副反応はなかったです。

じいいちゃんは本当に何もなく、次の日もしっかりリハビリに行きました。

ばあちゃんは先生にも言われていた、注射を打った腕が少し痛むようで、手を使う動作がしんどいと言ってました。

念のため、毎日家で行っている「ラジオ体操」と「お風呂」は2日だけお休みにしました。

熱も出ることもなければ大きな副反応もなく一安心ですが、やはり2回目の方が出ることが多いそうなので、まだ不安はありますね。とりあえず、無事に1回目の接種が終わってホッとしてます。

長くなってしまいましたので、今日はここまで。
次回をお楽しみに☆

ホクぼでした~(^^)/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です