プロフィール

誰もが気になる名前『ホクロとえくぼ』の意味について②

こんにちは、ホクぼです(^^)/

略し方について、これがしっくりくるかなという理由で決めました~☆

カタカナとひらがなってかなり独特ですが、これでいい、これがいいと思っています。この『ホクロとえくぼ』の書き方、悩んだんですよね。

「ホクロとエクボ」→エクボはひらがなの方が可愛いな

「ほくろとえくぼ」→なんだかメリハリがない

「ホクロトエクボ」→機械の名前っぽい

「ホクロtoえくぼ」→笑える

てな感じで、『ホクロとえくぼ』に落ち着いたというわけです。

 

カタカナとひらがなの組み合わせなので、どうかなと思ったんですが、だんだん慣れてきて、これにしてよかったなと今は思っています。

後、略す呼び方に憧れがあって、

「ホクぼこと『ホクロとえくぼ』でした~」

みたいなの言ってみたかったんです。 言えた、、(/ω\)笑

 

それはそうと、前回の時にまだホクロとえくぼについて書きたいことがあると言っていましたが、今回もう少しお話していきたいなと思います。

 

この『ホクロとえくぼ』という名前を付けた時にはさほど考えていなかったんですが、今思うと、ホクロは自分の中でちょっとコンプレックスで、えくぼはチャームポイントかな~?と、うっすら思っていた事でした。

私はコンプレックスの塊なので、他にもたくさんコンプレックスを所持しております、、笑 が、ここでは長くなりますので割愛させていただきますね( 一一) 時機出てくるかもしれませんが、、笑

 

まず、選ばれましたコンプレックスホクロなのですが、前回チラッとお話したように、私はホクロが多いので、「ゴミついてるよ」と声をかけてもらうことがあるんです。友達同士ならまだわかるんですが、意外と初対面の人も言ってくるんですよ。

なので、私は毎度「これホクロなんです」と満面の笑みで言い、相手は毎度「すみません」と申し訳ない顔をしてきます。笑

わざわざ言ってくれたのに、気まずくなってしまうんだよな、、ありがたいけど、やっぱり気になってしまう、、「私のホクロ、ゴミに見えるんか、、」

 

ただ、一度いつものように声かけてもらった時に、「あっ、これホクロなんですよ」とイキってどや顔で言い放ったんですが、「鏡見てみな」と言われ手鏡で見てみたら、顔に小さな虫がついていたんです、、 「えっ、やだ~」と思うと同時にこういうことかと、申し訳ない顔していたんですよ、私も、、笑

恥ずかしかったな~、、あの時言ってくれたおばちゃんありがとう(>_<)

 

その時思ったんですが、これって難しいですよね。何かついていたならば言ってもらえるとありがたいし、言った方もよかったなと思えるのに、違った場合のこの気まずい雰囲気。そんなに気にする事ではないけれど、お互いになんだかモヤモヤしてしまう後味の悪さ。

おじさんだと、「ほうかー、すまんな」とか言って、全然気にしない人もいますけど、大体こんな感じになってます。

どっちが悪いとかはないけれど、ちゃんと見て言ってくれる?とも思うし、(虫ついてた時は感謝するくせにそう思うんかい、、笑)

それとも紛らわしいホクロを顔に持っている私が悪いのか、、それは、自分で何とかできる問題ではないから、仕方がないと言いたい所だけれど、これについては諸事情あるんです、、

 

小さい頃はここまでホクロの数は多くありませんでした。ただその頃の私は、なぜだか『モテている女子にはホクロが多い』というのを発見し、自分もモテる為なのか、可愛くなる為なのか、ホクロを数えると増えるという迷信を信じ、鏡を見ては数えていたのです。

 

最初は、なかなか数が変わることはなかったけれど、ある日いつものように数えていたら、「あれ?数増えてない?」「うそ、増えてる~」と、医学的な事はわかりませんが、本当に増えていったんです。

 

それから事あるごとにホクロを数えては、「増えてる、増えてる」と喜んでいたのですが、ある時から、「また増えてる」、「え、まだ増えるの?」と成長していく過程と共に、増えるホクロに興味もなくなっていきました。

 

大人になった今、顔を洗う度、メイクをする度、自分の顔を見て「あーやっぱり多いな」と感じる日々ですが、アラサーともなると、シミも段々増えてきまして、たまに数えてみると、「君ホクロ?」「君シミ?」といような数に入れるか入れまいかと悩む事も増えてきました、、

 

未だに数えるんだって感じですよね。一時期これ以上増えてくれるなと切に願い、なるべく数えないように気を付けていた事もありましたが、なんだかんだホクロって数えてしまうんです。なんですかね、ホクロ多いあるあるなのかな?

 

 

あるあるでいったら、ホクロ占いですよ。こうもホクロが多いと、見るところが多くてめちゃくちゃ運がいいんじゃないかと期待したのですが、多すぎることによっていいことも悪いこともそれぞれあるし、これも?あれも?と、どれを信じればいいのか分からなくなります。のくせ、いい事が続くと気持ちも大きくなりがちで、、結果的に、「なるほどね〜」って終わります、、笑

全然あるあるじゃないかもしれない、、

 

それと、昔流行った付けホクロ的なの知りませんか??女性がメイク道具でホクロ書いて、セクシーみたいな、あざとかわいい的な。あれ私もやりたくて、今あるホクロに書いたら自然だし、もともとありまっせ感だせるしと。

 

ただふと思ったんです。いざやろうとした時に、あれって大体目元か口元にホクロがあるってのがいいとされてますよね? 私、目元にも口元にもホクロあるんですけど、それ以外のホクロもね、自己主張が、各々はっきりくっきりしているんです。(ゴミとか、虫に間違われるくらいなんで、、笑) だから、目元や口元に書いたとて、、って感じで。

 

考えてみたらホクロって少ないからこそセクシーだとか、かわいいなとか、引き立てられるわけなんですよね。多量にあったら、やっぱり数えたくなるだけというか、、そもそもセクシーやあざとさを、お手軽に作ろうと思うこと自体が、ナンセンスだし。

 

と言っておりますが、そんな私も意を決して、シミ取りならぬホクロ取りについて、検索したことはあるんです。ただ、今あるホクロの中からやはり「セクシー」は残せないものかと、、 あざとい、、笑

 

悩みましたよ、どれ?どのホクロを残したらいいの?やっぱり目元?口元?いや、ホクロ占いでよかったのどれだっけな、ここは残すべきか~、、、、欲深い、、、、笑

 

 

と散々考えた結果、面倒くさくなってやめました。笑

 

 

結局、私の場合はホクロについてそこまで気にしていなかったということです。やっぱり取るとなると結構な覚悟だし、行動しないというのはそれまでだったということかな。そもそもセクシーとかあざとさって、何?って感じですが、、笑

 

ホクロがコンプレックスだったというわけではなく、ホクロをゴミとか虫に間違われた事に対して、何かしらストレスを感じていたのかな。もちろん、悪気がないのはわかっているし、現に虫の時もあったんでね、、笑

 

後、真剣に悩んでいる方もいると思うので一概には言えないですが、コンプレックスも自分ですから、愛さなければですよね、、コンプレックスの塊という私が言うのもなんですが、、そう思える事が大切かなと。

 

そもそもを言ってしまうと、モテる子がホクロ多いとかなんとか言って、自分が望んで増やしたものなのに、コンプレックスですって、ホクロからしてみれば、なんでやねんって話なわけで、、笑

それに、ホクロがない子でもモテる子なんてたくさんいるしね!!笑

 

 

まあ、こんなに増えるものだとはもちろん知りもしない、幼い頃の私に言ってやりたいですよ。

 

 

「モテもしないから、もう数えないで」

 

 

忘れていましたが、チャームポイントえくぼに関してですが、考えてみると褒められたことが結構あるなという感じですかね。

 

うっすい、、笑

 

しいて言うなら、ももクロの百田夏菜子ちゃんが『えくぼは恋の落とし穴』というキャッチフレーズを言っているのを見て、いつしか「私のえくぼも落とし穴」と心の中で言っていた事はあります。笑 それだけです。

 

長々書いてみて思うのは、ホクロに対してある意味思いれがあり、えくぼの事はさほど考えていなかったという事だけは知っていただけたかなと思います。笑

 

まあ、コンプレックスだからマイナスになるというわけでもなく、チャームポイントだから思いれがあるわけでもないんだなと、どうでもいい話から感じました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました☆

ホクぼでした~(^^)/

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です